東京アカデミー人気講師による国家試験対策講座

東京アカデミー人気講師による国家試験対策講座

東京アカデミー人気講師による国家試験対策講座TOPへ

7月

「人体の構造と機能」

多くの人が苦手意識を持っている『人体の構造と機能』ですが、根拠を持った看護につなげるためにはとても重要な科目! 身体のしくみの理解が進むと、どんどん面白くなる分野でもあります。
今月は50問の○×特訓問題もありますので「何でだろう?」と思った箇所は、自分でさらに調べて夏休みの間に基礎をしっかりと押さえていきましょう♪

  • 問題1
  • 問題2
  • 問題3
  • 問題4
  • 問題5
  • 問題6
  • 問題7
  • 問題8
  • 問題9
  • 問題10
  • コラム

問題1

遺伝情報に基づいた蛋白質の合成過程で、『転写』が行われるのはどこか。
  • 1. 核
  • 2. ミトコンドリア
  • 3. リボソーム
  • 4. ゴルジ体


解答の上にマウスを合わせると解答をご覧いただけます

問題のポイント

遺伝情報の転写と翻訳についての基本事項をおさえましょう。



解説

  1. ◯…核の中には、人体の設計図である遺伝情報が格納されているDNAがある。核内でDNAをm-RNAが写し取ることを転写という。
  2. ×…ミトコンドリアでは、ATP(エネルギー)が産生される。
  3. ×…核でm-RNAによって転写された情報に基づき、リボソームでt-RNAが運搬したアミノ酸を配列し、蛋白質を合成する。これを翻訳という。
  4. ×…ゴルジ体はゴルジ装置ともいわれ粗面小胞体で生成された蛋白質に糖などを合成して細胞表面に運べるようにする細胞小器官である。


Check & Check

■ 細胞の構造

核小体 RNA集合体。
染色体 DNAと蛋白質から構成。DNA部分は遺伝情報を保持→生物の種と個体の形質に関するあらゆる情報を保有。
核膜 二重生体膜(内膜・外膜)から成る。物質移動のできる核膜孔がある。
細胞質 ミトコンドリア ATPの産生。TCA回路や電子伝達系がある。
小胞体 粗面小胞体(リボソーム付):蛋白質の輸送、代謝
粗面小胞体(リボソーム無):リン脂質、脂肪酸の合成
リボソーム 遺伝情報に従い、アミノ酸をつなげて蛋白質を合成。
ゴルジ装置 核近くにみられる。粗面小胞体で生成された蛋白質に糖・脂質を加えて、糖蛋白やリボ蛋白を合成・分泌する。
リソソーム 高分子の加水分解酵素を多く含む。不要になった細胞の構成成分、食作用で取り込んだ物質の分解を行う。
細胞骨格 細胞の形の保持・運動に関わる。繊維状の蛋白質。中心体(細胞分裂のときに紡錘体を形成)を構成する微小管は、細胞骨格の一つである。
細胞膜 二重リン脂質構造。選択的透過性をもつ。絶えず物質代謝を行い、自由エネルギーを消費し、自己を更新し増殖。

問題2へ

病院検索はコチラ

Median就職ガイド 無料で年3回発行 Median就職ガイドを無料でお届け

おすすめ病院情報 各病院の特長がわかる、おすすめ病院情報

Pick Up Hospital さまざまなナースによる看護のカタチを徹底レポート

東京アカデミーの書籍販売ページへ 東京アカデミーの講座で使用する教材を販売中!

このページのトップへ