就職意識調査アンケート(2017年度)


就職意識調査アンケート 先輩たちの就職活動体験談

就職活動を控えている方が気になるのは「みんなはどんな活動をしているの?」「先輩はどういう活動をしてきたの?」ということではないでしょうか。Medianでは、就職活動を終えたばかりの先輩に就職活動体験談を聞いています。成功した人から失敗してしまった人までさまざまな声が聞かれましたが、先輩の体験を参考に、あなたに合った就職活動を導き出してください。

こちらの円グラフは「就職活動を自己採点してください」の質問についての結果です。

「就職活動を自己採点してください」の質問についての結果の円グラフ

データ:2017年度就職意識調査より
2016年11月調査
2017年3月卒業予定の看護学生500人

大成功
1
2年生の春休みから合同説明会やインターンシップに計画的に参加しました。実習が始まる前に志望病院を受験でき、内定も早いうちにもらえたので、すべてがうまくいった印象です。
(岩手県 S・N)
2
希望する科が設置されていることと立地条件、スキルアップ支援を重視して、早い段階で病院を絞り込むことができました。内定後、希望科への配属も決まってうれしいです!
(大阪府 K・I)
3
病院の雰囲気を知ることが大切だと思い、インターンシップにはたくさん参加しました。自然と自分が働くイメージが湧き、自分に合っていると感じる病院が見つかり、内定ももらえて大成功だと思います。
(滋賀県 Y・K)
4
早めの行動を心がけ、病院の特徴などを良く調べました。実習期間中の受験は準備も大変でしたが、その分早い時期に内定をもらうことができたので、国試の勉強に集中することができました。
(千葉県 S・M)
5
1年生の頃から就活を始めたため、勉強や実習に余裕を持つことができました。興味のある分野や働くうえで大切にしたいポイントをふまえた理想の病院に出会えたと思っています。
(山梨県 K・F)
6
就活で失敗はしたくないと思い、低学年のうちから病院見学に行っていました。どの病院も良く思えて迷うこともありましたが、最終的には『自分がやりたい看護』を第一に考えて決めることができました。
(宮城県 A・H)
割とうまく
いった
1
自分が行きたい分野で実績のある病院を選びました。学校の先生や先輩に相談したり、病院のことを良く知ってから試験に臨みました。面接でも自信を持って質問に答えられたと思います。
(福岡県 S・H)
2
最初は大規模の急性期病院を複数受験し不合格でしたが、実習が進むにつれ自分に合う働き方が分かってきたので方針を変え、条件に合った中規模の病院に決めました。焦らずに病院を探して良かったです。
(東京都 M・K)
3
早いうちから志望病院のインターンシップや就職説明会に参加したり、履歴書の書き方や面接の方法を学んだりと事前準備をしっかり行いました。本番の面接、小論文はばっちりだったと思います!
(秋田県 M・Y)
4
第一志望だった病院が不合格となり焦りましたが、再度就職活動を始めると最初よりも視野が広がり、結果的に理想の進路を目指せる病院に内定をいただくことができました。満足しています。
(山口県 S・K)
5
自分が興味のある分野を主体としている病院を第一志望にしました。面接に不安がありましたが、事前に前年度の試験情報を集めるなどして準備を行い、無事に内定をもらうことができました。
(宮城県 M・Y)
6
先輩訪問や先生からのアドバイスのほか、試験対策の講義やインターンシップなどさまざまな方法で情報を集めました。知り得たことを活かして、就職活動を円滑に進められたと思います。
(秋田県 T・H)
人並み
1
決め手のないまま迷いながら受験してしまった病院もあり、自分ではあまり納得できる就職活動だったと言えません。それでも最終的に希望した病院から内定をいただけたので、これからがんばります!
(宮崎県 M・Y)
2
面接で緊張しすぎて志望動機をど忘れしてしまいました。不安とストレスで一杯でしたが、結果は合格。練習を重ね雰囲気に慣れることが大事だと実感しました。辛い時に支えてくれた友達に感謝しています。
(青森県 M・K)
3
情報収集を始めた時期が遅かったです。実習中は見学などに行ける日が限られてしまうため、あまり多くの病院を見られませんでした。低学年から就活を始めておけば良かったです。
(栃木県 R・M)
4
実家から通えることと職場の雰囲気で病院を選びましたが、実際に働くとなると一人暮らしを視野に入れても良かったと思いました。たくさんの病院を見て人生設計を考えるべきでした。
(神奈川県 S・S)
5
いろいろな病院を見て回りましたが、何を決め手に比較すれば良いか分からずたくさん悩みました。最終的には最初に「良いな」と感じた病院を受験することに決め、結果にも納得しています。
(静岡県 N・S)
6
複数の病院のインターンシップに参加し、病院の雰囲気を知ったうえで受験できました。早めに行動していたので内定までスムーズでしたが、周囲も同様だったので人並みだと思いました。
(栃木県 K・I)
あまり
うまく
いかなかった
1
第一志望の病院は思っていた以上に倍率が高く不合格になってしまいました。次の病院を決めるまでに時間がかかり、不安の多い就活になりました。事前にもっと病院のことを調べておくべきでした。
(宮城県 N・K)
2
私は就活を始めるのが遅く、時間のなさに焦り病院を選ぶ際に妥協したところがありました。とにかく早めに就活をスタートし、先生や先輩に助言をもらっておくと良いと思います。
(群馬県 Y・T)

病院検索はコチラ

Median就職ガイド 無料で年3回発行 Median就職ガイドを無料でお届け

おすすめ病院情報 各病院の特長がわかる、おすすめ病院情報

Pick Up Hospital さまざまなナースによる看護のカタチを徹底レポート

東京アカデミーの書籍販売ページへ 東京アカデミーの講座で使用する教材を販売中!

このページのトップへ